恵比寿駅徒歩20秒、コミュニケーションを大切にする松林歯科のインプラント

HOME > 診療案内 > インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失った部分に生体親和性に優れたチタン製の人工歯根を埋め込み、セラミックなどで作られた人工歯を装着する治療法のことです。

インプラントは外見の審美性に優れ、本物の歯のような輝きを持ち、食べ物を噛む感触がしっかりと顎に伝わるため、歯肉が痩せることなく、まるで天然歯のような感覚が得られます。また、 使用されているチタンは金属アレルギー反応を起こさないので、安心して治療を受けることができます。

治療後もしっかり手入れを行えば長期間使用できるので「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラントの種類

インプラント
  • 一回法
  • 二回法
  • オールオンフォー
  • インプラント義歯
  • 即時荷重インプラント
  • フラップレスサージェリー
  • GBR法

このようなお悩みをお持ちの方にインプラント治療がおすすめです

  • 歯が抜けてしまった
  • 入れ歯が合わない
  • 歯が欠損していて、見た目が気になる

歯がない状態のまま放置すると…

歯が抜けてしまった後、すぐに不具合が生じるわけではないため、そのまま放置してしまう方がいらっしゃいます。
歯は1本1本がお互いを支え合うことによりバランスよく機能しています。したがって、たった1本の歯を失っただけでも、徐々に口内全体のバランスが崩れ、さまざまな問題が起こる可能性があります。

例えば、抜けた歯が傾く、咬み合うはずの反対側の歯が伸びる、咬む力が低下して胃腸などの内臓に負担がかかる、顔のバランスが崩れるなど口腔内だけでなく、体全体に影響を及ぼす可能性があります。
体全体の健康バランスを保ち、さらにおいしく食事をするために、インプラント治療をおすすめします。

インプラント治療の流れ

  1. カウンセリング

    インプラント治療についての概要や手術の流れをご説明し、不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。どのような些細なことでもお気軽にご相談ください。

  2. 検査

    治療前に口腔内の検査を行ないます。口腔内模型、レントゲン、CTなどの検査結果を基に診断を行ない、治療を進めていきます。

  3. 一次手術

    局部麻酔を行ない、人工歯根を顎の骨に埋め込みます。所要時間は1時間前後で、痛みはほとんどありません。

  4. 治癒期間

    人工歯根が顎の骨と結合するまでおよそ3~6ヶ月の治癒期間を設けます。その間、仮歯を入れることができるので生活に支障はありません。

  5. 二次手術

    局部麻酔をし、歯肉を開いてインプラントの頭部分を出し、アバットメント(連結部)を装着します。所要時間は1時間ほどで、痛みはほとんどありません。

  6. 人工歯装着

    切開した歯肉が治ったら、歯並びや色などをチェックしながら人工歯の型をとります。 完成後、装着したら完成です。

  7. メインテナンス

    治療後はおよそ3ヶ月おきにメインテナンスを行ないます。インプラントにしたからといって、日ごろからの自己管理がなされていないとインプラントの寿命が短くなってしまいます。

インプラントに関する無料個別相談受付中 0120-67-4118 お気軽にご相談ください

他の治療との違い

インプラント

インプラント

インプラント治療とは、歯を失った部分に生体親和性に優れたチタン製の人工歯根を埋め込み、セラミックなどで作られた人工歯を装着する治療法のことです。審美性に優れ、しっかりと噛むことができますが、費用が高額で、外科手術が必要となります。

メリット

  • 審美性に優れしっかりとした噛み心地を得られる。
  • 隣の歯を削らずに済む。
  • しっかり咀しゃくの刺激が顎に伝わるため、顎の骨が痩せにくい。
  • メインテナンスをしっかり行なえば、半永久的に使用可能。

デメリット

  • 費用が高額。
  • 外科手術が必要。
  • 手術の方法によっては治療期間が長くなる。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジとは、失った歯の両側の歯を削って、そこに橋を架けるように義歯を装着する治療法です。義歯の素材にもよりますが、外見も自然で、咀しゃくにも違和感がありません。しかし、健康な歯を削って支柱にするため、支柱となる歯への負担が大きく、将来的にその歯も失ってしまう可能性があります。

メリット

  • 比較的低額で治療可能。
  • 治療期間が短い。
  • 安定感がある。

デメリット

  • 両側の健康な歯を削る必要がある。
  • 支えとなる歯に負担がかかるため、その歯の寿命が短くなる。
  • ブリッジ部分と歯肉の間に食べかすが詰まりやすく、不衛生。
  • 顎の骨が痩せる。

入れ歯

入れ歯

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があり、いずれも費用が低額で治療期間が短いという特徴があります(右図は総入れ歯の場合)。 口腔内を傷つけることはありませんが、使用する際に多少違和感があったり、取り外して洗浄する必要があるなど、不便なところがあります。また、入れ歯は顎の骨に力が伝わらないため、少しづつ顎の骨が痩せてしまうというデメリットがあります。

メリット

  • 比較的低額で治療可能。
  • 治療期間が短い。
  • 部分入れ歯の場合、健康な歯を傷つけずに済む。

デメリット

  • 噛み心地に違和感がある。
  • 食べかすが残りやすく、口臭の原因になる。
  • 取り外して洗浄する必要があり、手間がかかる。
  • 顎の骨が痩せる。
  • うまく発音ができない。

他の治療との違い

【インプラント治療】 T.O様

最初は入れ歯を入れておりましたがなんとなく気になり洗ったりと大変でした。
インプラントに変えてから自分の歯と変わりなくおいしく食べられこんなにも良いものかと思いました。
インプラント治療をすすめられて本当によかったと松林先生に感謝しております。

【インプラント治療】 J.T様

EXTREMELY FRIENDLY AND VERY HELPFUL DENTETIST.
EXPLAINS EVERYTHING CLEARLY AND MAKES PATIENTS FEEL VERY COMFORTABLE.
I HIGHIY RECCOMEND THIS DOCTER AND DENTIST'S OFFICE!

〔訳〕
とても気さくで、親身になってくれる先生でした。
治療についても詳細に分かり易く説明していただいき、とても安心して治療を受けることができました。
そんな松林歯科と先生の人柄を私はオススメします!